高校受験は計画を立てて着実に進め

受験勉強に先立って、まず考えることはなにか、それはこの1年間の勉強の計画を立てることです。

それには4月のはじめがチャンスなのです。
やがて1年後にやってくる高校入試を突破するために、計画的な勉強をいまから一歩、一歩進めていくのが、いちばん近道です。

ところで年間の勉強の計画を立てるときは、つぎの2つの点を考えると良いでしょう。

①あまり欲ばった計画を立てない
受験勉強だからといって、特別に欲ばった計画を立てる勉強の能率を上げようとしても、とても実行できるものではありません。勉強の能率は、時間の長さに比例するものではないのです。

勉強のやりかたがへたなために、時間をかけても能率が上がらずに十分な成績が発揮できずに終わるケースが多いのです。
ですから、いままでの勉強の習慣にたって、大まかな計画をたてることです。効果的な勉強の計画は、自分の学力と性格とを考えに入れて実行ができるものをつくるようにしてほしいと思います。
勉強する上で、ムダな時間と考えられる家のお手伝いなども計画にあるとよいでしょう。勉強だ勉強だといって、家の仕事も何もやらないで受験勉強にのみ集中するようなやりかたはよくないのです。生活の中に勉強が習慣として入っていることが、大切なのです。

②定期テストなどが学校行事にあてはめた計画を立てる

定期テストは、学期ごとに中間と期末に行われることに決まっています。ですから、その時期の2週間前は受験中心の勉強を中断し、授業の復習を、集中的に行い、よい成績を上げるようにすることが大切です。最近は内申書が入試の点数と同じ程度重要視されているところが多いからです。
つぎに勉強の能率を上げるためには、1年間を4つにわけ、その機関ごとに受験勉強をだんだんに深めていくような計画を立てるのが、最もよい方法なのです。

たとえば、つぎのように考えるとよいでしょう。

①4月→7月 基礎学力の充実
1年と2年の教科書を復習しながら要点を整理し、基礎的な練習問題をやる。
②8月 不得意科目の征服
不得意な科目、たとえば、数学、英語、理科を最初から徹底的にやりなおす。
また3年の1学期の要点の整理、あるいは読解力を養うために、おもな古典や新しい文学作品を読書することによって、判断力や思考力をつける訓練にはまたとないチャンスです。
③9月→12月 実力の養成
1年と2年の基礎的な練習問題や業者主催の実力テストに参加した結果を利用し、自分の誤りやすい点や不明の箇所を教科書と問題集で念入りに整理する。さらに都道府県における過去3年間の入試問題の傾向を調べてみよう。
④1月→2月 最後の総まとめ
各科目にわたり1年から3年までの創復習と重要事項の暗記、また科目の内容について重点的に検討する。
さてこのように、1年間の計画ができあがったら、今度はこれを期間ごとに、1ヶ月→1週間→1日とだんだんに計画をこまかくした時間割をつくるようにするのです。

計画ができあがったならば、家族のひとびとにも知らせておくようにしましょう。

高校受験は教科書を中心に勉強

受験勉強というと、特別の勉強法が必要であるかのように考える者が多いようです。
そのためか、参考書や問題集を机の上にk差寝て夢中になったり、毎日の授業をおろそかにする者もいます。

前にも述べましたように、例年の公立高校の入試問題作成の方針を調べて見ますと、どの教科でも教科書に載っている学習内容からかけはなれないよう十分に配慮がなされています。したがって、授業をそっちのけにして受験勉強だとさわいでみても、勉強の成果はそれほどあがらないものです。毎日の授業を正しく理解したうえで応用力をつけること、これが大切なのです。

さて、授業を上手に受けるにはどうすればよいかといいますと、まず予習→授業→復習のレールをきちんと守ることです。この場合、予習はなるべく授業の近くで、また復習は授業のあとで、すぐにやるのが一番効果があるのです。このように、毎日きちんと続けていくように習慣づけることはなかなか困難ですが、「苦しみと喜びはあざなえるなわのごとし」という言葉があるように、努力のあとには喜びが待っています。何事もがんばりが大切です。

ところで授業のとき、先生が教科書に書いてある内容を説明だけですまされる場合と、伴所され要点を明確に示される場合があるでしょう。注意して見てください。板書される事柄は特に大切な点ですから十分理解しておくことが必要でしょう。

あいまいなところがあれば、先生に質問紙、正しい知識として頭のなかにいれておくようにしましょう。先生が教科書の内容にふれない箇所があっても心配する必要はありません。このような部分は軽く読んでおく程度でよいです。

また先生の説明を聞いて、自分はここは理解できたが、この箇所はよくわからないというように、授業の内容を積極的に分析していく態度を週感づけることが、成績を上げるコツです。

また自分自身では正しいと考えこんでいる知識が、実は誤っていたという場合がときにはあるものです。そこで、授業中での先生からの質問のチャンスを利用し、先生に確かめてもらう気持ちで、よく考えをまとめて答えるようにしましょう。もちろん、簡単に「わかりません」と答えるような態度はやめて欲しいです。

また授業中、とくに音楽や美術の時間に、先生の顔色を気にしながら内職(数学の宿題などをやる)をやる者がいますが、こうしたやり方は、両方とも犠牲となり無駄な時間に終わってしまいます。どの教科も授業中は本気になってやることが大切なのです。

さらに理科の授業のように、実験が中心でグループでやるものはとかく、人任せになりがちです。自分でよく考えながら観察・実験を続けるのでなければ理科の実力はつきません。

このように毎日の授業で大切な点を十分に理解した授業こそ受験勉強であり、入試突破の木曽は授業にできあがっていくことを忘れないで欲しいです。

高校入試合格のための勉強法

今回は、少し抽象的な話になります。

①勉強の計画をたてること

決まった計画を毎日着実に実行していく、その習慣が大切です。

②授業と余韻の利用

授業には、積極的な態度でのぞみ、わからないところは最後まで先生に質問紙、徹底的に理解する心がまえが大切です。また休み時間だ度を利用して記憶を深めるために、授業の終わったあと家に帰ってからなるべく早いうちに、いまいちど頭のなかを整理しておくほうが良いのです。

③勉強は数学、国語、英語の順番が能率アップ

頭の疲れを少なくすることが能率をあげるコツです。たとえば、数学のつぎに英語をやるのはよくないやり方で、数学→国語→英語のほうがよいことが研究で証明されています。このことはなるべく性質のことなるものを組み合わせるほうが、頭の疲れが少なくて効率があがるということなのです。

④3時間の勉強と8時間の睡眠

まえに、受験勉強について「四当五落」ということばが使われたことがありました。この言葉は、5時間ねたら不合格になるので4時間しか寝ないという意味なのです。しかし、一般にごうかくしている者は、3時間の勉強で睡眠は8時間を保っていることが明らかになっています。受験勉強だからといって、夜中の12時過ぎまで長時間勉強すれば良いというものではありません。夜中過ぎまで勉強すると、睡眠時間がすくなうなり、疲れが回復できなくなります。そのために学校での授業中に眠くなり、授業の内容が理解できずにおわってしまいます。睡眠の効果は疲れからの回復にあるのですから、十分に睡眠をとり毎日の授業を大切にすることです。

⑤精神の集中

勉強しているときには、勉強以外のこと、たとえば、友達が成績のいいのを気にしたりしないで、いま自分自身が現にぶつかっている問題に精神とからだをぶつけていくことが理解を深めるもとになるのです。

3年生ともなると、とかく試験の合否のことだけが気にかかるものです。
しかし、そのような心配をせず、マイペースで1日、1日を充実させ、自分の学力をぐんぐん伸ばし、その実力にふさわしい高校に進学してください。

この5つのルールに則て勉強してみてください。

高校受験の入試突破の心がまえ

ふだんの勉強を大切にすること

高校への入学試験が人生におけるはじめての大きな関門であることには、昔も今も変わりありません。その関門を突破するために、まわりから受験勉強をしなさい、あるいは自分でも受験勉強をしなくてはならないと思っている人が多いかもしれませんが、受験勉強といっても特別の勉強方は必要が無いのです。

例年、都や県立高校の入試問題の作成の方針は、どの教科書にのっている内容からあまりかけはなれないような配慮がされています。たとえば、理科の場合は、一般的な傾向としては理解をきく問題が、半数を占めています。つぎは応用、知識、観察・実験の技能という順になっています。したがって、ふだんの授業での観察・実験を中心にしっかりと勉強しておけば心配は無用です。それから高校入試の準備といって受験教科(数学、国語、英語、理科、社会)だけを考えやすいものです。そのため、受験教科でない教科はぜんぜん勉強しないとか、受験教科でも試験に出そうなところだけ勉強するということになるのです。そのうえ、3年生ともなると、普段の授業をまじめに受けないで、授業中にほかの教科、たとえば国語の授業のとき、数学の宿題をするというものもでてくるのです。このようなことyは、授業と宿題の両方が無駄となってしまいます。

どうか入試教科の勉強だけにとらわれないで、前教科の授業に積極的に立ち向かうように行動しましょう。

私たちの人生にはいくつかの峠があります。いよいよ、これから高校入試という最初の峠に差し掛かろうとしているのです。健康に十分気をつけて、やるきになって大いにがんばりましょう。

自分自身の、中学3年生の1年間の学校と家庭での勉強の仕方が適切であるかどうかによって、合否が決まることになります。最近の公立高校の入試問題を分析してみると、どの教科でも、基礎的な知識と応用力をみようとする問題で、形式的な記憶だけでは解けないようになっています。ですから、普段の勉強でもたんなる知識の棒暗記ではなく、正しく理解数量に心がけることが大切です。

ところで国立や有名私立高校の入試は、どの科目も公立の入試に比べてずっと難しい問題が出されています。したがって、教科書に出ている範囲の知識はすべて身につけたうえで、高度な問題集・参考書など活用してさらに細かい知識を身につけることが必要です。とくに自分で受験を目標にしている高校の過去3年間の出題傾向を調べ、十分に理解しておくことが必要です。

勉強と疲れについて

疲れるとはどういうことは、どういうことか?

生きたカエルのももの筋肉を切り取って、これを針でつつくとキュッと縮むことを知っているでしょう。
この動作をくりかえしやっていると縮み方がだんだん弱くなり、やがて反応を示さなくなります。
この変化を疲れと呼びます。しかし、疲れを学問的に定義づけることは難しいですが、ここではわかりやすく説明してみます。

ふつうには、ものを考え、力を出し、運動をしたりした結果、その作業の能率が下がってきた状態と考えればよいでしょう。

今日は疲れたなあと感じる状態が、疲労なのだとおもっていてもかまいません。疲れは作業の質の低下が先に、量の低下はあとに現れます。たとえばキーボードを打っていて速さは変わらないのに護持や脱字が出始めたら、疲れはじめだと思ってよいでしょう。そのあと、スピードが速くなったり、遅くなったりのムラが起こり、最後に全体的にスピードが落ちてくるという順に疲れてきます。

そこで効率的に勉強をするために常にベストコンディションでいる方法を教えます。

どうすればベストコンディションになるのか

睡眠不足は頭の働きを低下させる。

勉強において、肉体的疲労より、精神や頭脳の疲労の方が強く影響します。
なので、大脳の疲労の回復を考えることが大事です。

特に学力の低い人に多いのが、成績が悪いからといって睡眠時間まで犠牲にして、がむしゃらに勉強をしてもかえって疲れが多くなり、思ったよりも学習の効果はあがっていないということがあります。

疲れを回復させるにはどうしたらいいのか

ビタミンとたんぱく質を中心に栄養のある食べ物を十分にとり、疲れに負けてかぜをひかないようにすることが必要です。また、夜型の勉強を朝方に切り替え、しっかりと睡眠をとりましょう。(最低6時間は寝てください)

なお、同じ教科の勉強ばかりをしないで、勉強する教科の種類をかえて勉強に変化をもたせることも大切です。
それからもうひとつは、ひとつの勉強が終わったなら、その跡でよこになってしばらく休養するか、あるいは軽い運動として、なわとびなどをしたほうが疲れの回復には効果があります。

アメリカの心理学者の実験によると疲労回復の割合は、横になる9.3%、自由に休息する8.5%、音楽を聴く3.9%、ジュースを飲む3.4%、散歩する1.4%となっています。

これでみてもわかるように、横になって休んだりすることは最善の方法です。いがいに効果がないのは散歩となっています。勉強のあいまに、気分転換にと漫画本を読むのは疲労回復にはならず、かえって逆効果になりますので、注意しましょう。

虫歯予防にはむしばいばいというサプリメントがあります。
むしばいばいの口コミってどうなの?

受験には健康とスポーツが大事

一番大事なのは健康だ

試験に合格するためにはまず健康が大事。
からだが弱い、病気がある状態では十分に勉強することができません。
そのために学校の成績が上がらないばかりか、成績ががた落ちになる場合がよくあります。とくに、受験勉強を長い間続けていく場合、この健康という点がなによりも大切にしなければいけないです。

スポーツをして集中力を養え

効率のよい勉強で、実力をつけるためには、集中力が必要です。しかし、これを脅かすさまざまなものが、あなたの周りに溢れていると思います。そればかりが自分自身の中にもあります。たとえば、勉強を始めると、すぐにゲームをしたいな、めんどくさいな、スマホをやりたいなあという「小さな声」が心のなかにあふれることがあるでしょう。この「小さな声」こそ、何か問題を解く場合、とまどう原因の一つになっています。

集中力は、不健康であってはもてませんし、たとえもったとしても持続することはできません。
ですから、集中力がある人間になるには、なによりも健康であることが大切です。健康であるためには、スポーツをとおして「からだ」をつくることが、近道といえます。スポーツは、「からだ」をつくることと、スポーツに熱中することで集中力をつくることができるので、一石二鳥といえます。

中学時代と高校時代はおもいきり、若さをスポーツにうちこんでもらいたいです。受験勉強に耐えられる健康なからだつくるスポーツ、たとえばバレーボール、サッカー、野球、剣道、陸上などのような活動を実行し続けることを勧めます。部活でもいいですし、クラブチームに入ってやるのもありです。

スポーツと受験勉強は両立するのか?

スポーツをしているので、その分時間を使ったり、クタクタに疲れて家に帰ってそのまま寝てしまうなどスポーツをやっていない人たちと比べて不利になるのではという意見もあると思います。

ですが、スポーツをやることで得られるメリットを考えればやったほうが良いと私はアドバイスします。

受験生の多くは受験期が近づくにつれて、意味もないことで悩むことが多くなります。たとえば、友達が持っている参考書を見て、それを買わなければ自分は入試に落ちるのではないかと不安になり、自分は自分の能力に合わせて、すでにかってあるはずなのに、さらにもう1冊の参考書を買ってしまうなどです。

これは要するに精神力が弱っている証拠です。「受験勉強で最後にものをいうのは精神力」といわれるように、粘り強い精神力を持つことが入試で合格を手にするには不可欠のことです。では粘り強い精神力を養うにはどうしたらいいかといいますと、いろいろな方法はありますが、スポーツをやってみることです。

まずスポーツ活動のメリットは勉強は緊張の連続なので、心がつかれますが、この疲れを取り除くには短時間の運動が最も効果があります。

同時にこれは気分転換ともなって、さあ勉強しようという気持ちになります。つぎはやり方ですが、友だちは今ごろ勉強しているかなどと気を回さないで、思いっきりスポーツに打ち込むことが大切です。

ところで、スポーツはひとによって差はありますが、40分ぐらいの活動が妥当です。

あまり長く続けると疲れが残り、あとの勉強のためには逆効果になります。
もし疲れが残った場合、30分ぐらい寝てから勉強をするのがベターです。

結局、きめた時間だけ運動をやったら、てきぱきとしたくをして家に帰り、さっぱりした気分で勉強に集中するという態度が大切です。

高校受験では3ステップラーニングという教材があります。
この教材のレビューは3ステップラーニングのレビューこちらのサイトが参考になります。