高校受験の入試突破の心がまえ

ふだんの勉強を大切にすること

高校への入学試験が人生におけるはじめての大きな関門であることには、昔も今も変わりありません。その関門を突破するために、まわりから受験勉強をしなさい、あるいは自分でも受験勉強をしなくてはならないと思っている人が多いかもしれませんが、受験勉強といっても特別の勉強方は必要が無いのです。

例年、都や県立高校の入試問題の作成の方針は、どの教科書にのっている内容からあまりかけはなれないような配慮がされています。たとえば、理科の場合は、一般的な傾向としては理解をきく問題が、半数を占めています。つぎは応用、知識、観察・実験の技能という順になっています。したがって、ふだんの授業での観察・実験を中心にしっかりと勉強しておけば心配は無用です。それから高校入試の準備といって受験教科(数学、国語、英語、理科、社会)だけを考えやすいものです。そのため、受験教科でない教科はぜんぜん勉強しないとか、受験教科でも試験に出そうなところだけ勉強するということになるのです。そのうえ、3年生ともなると、普段の授業をまじめに受けないで、授業中にほかの教科、たとえば国語の授業のとき、数学の宿題をするというものもでてくるのです。このようなことyは、授業と宿題の両方が無駄となってしまいます。

どうか入試教科の勉強だけにとらわれないで、前教科の授業に積極的に立ち向かうように行動しましょう。

私たちの人生にはいくつかの峠があります。いよいよ、これから高校入試という最初の峠に差し掛かろうとしているのです。健康に十分気をつけて、やるきになって大いにがんばりましょう。

自分自身の、中学3年生の1年間の学校と家庭での勉強の仕方が適切であるかどうかによって、合否が決まることになります。最近の公立高校の入試問題を分析してみると、どの教科でも、基礎的な知識と応用力をみようとする問題で、形式的な記憶だけでは解けないようになっています。ですから、普段の勉強でもたんなる知識の棒暗記ではなく、正しく理解数量に心がけることが大切です。

ところで国立や有名私立高校の入試は、どの科目も公立の入試に比べてずっと難しい問題が出されています。したがって、教科書に出ている範囲の知識はすべて身につけたうえで、高度な問題集・参考書など活用してさらに細かい知識を身につけることが必要です。とくに自分で受験を目標にしている高校の過去3年間の出題傾向を調べ、十分に理解しておくことが必要です。