Photoshopでオリジナルツールパレットを作成できる「Adobe Configurator」が便利!

Photshopでオリジナルのツールパレットを作成したい!

configurator00

Phoptshopでオリジナルのツールパレットを作れないかな?と思い、調べてみました。「Adobe Configurator」といプラグインで可能なようです☆無料でインストールできるようです。ありがたいですね!




ダウンロード方法

<Photshop CS4用の場合>

このページから、「Configurator 1.0」をダウンロードします。

<Photshop CS5用の場合>

このページから、「Configurator 2.0」をダウンロードします。

インストール方法

<Photohsop CS4の場合>

ダウンロードされたファイルをダブルクリックで開くと、インストール画面が開きます。
※CS4の場合はconfigurator_p1_111808、CS5の場合はconfigurator2_p1_052610というファイル名です。
※Adobe Airがインストールされていない場合は、最初にAdobe Airのインストール案内がでます。手順にそってインストールを行なってください。(無料)

オリジナルのツールパレットを実際に作ってみる

インストールが完了するとAdobe Configuratorが起動します。
(画像はConfigurator 1.0(CS4用)です。Configurator 2.0(CS5用)は日本語対応です。)
(Configurator 2.0(CS5用)はPhotoshopとInDesignどちらのツールを作成するか選べます。)
オリジナルのツールパレットを作成していきます。つくり方はとても簡単!左のツールリストからオリジナルツールパレットに入れたいものを選び、中央のボックス内にいれるだけ。
左側のツールリストは実際のPhotoshopのメニュー、ツールと並びが同じです。
右側のパラメーターで各ボタンの名称、サイズ、位置を整えます。

作成したツールパレットをPhotshopにインストールする

作成したオリジナルツールを書き出します。書き出しは「File」から「Export Panel」を選びます。
書き出したファイルを以下のフォルダに保存します。
保存場所はアプリケーション/Adobe Photshop CS4(もしくはCS5)/Plug-ins/Panelsです。
指定のフォルダに保存したら、Photoshopの「ウィンドウ」から、「エクステンション/(作成したツールパレット名)」を選択。
作成したオリジナルツールパレットが開きます☆
わざわざショートカットキーを登録しなくても、オリジナルツールパレットから簡単に機能を使うことができます!

注意!バッチ処理には使えない!

処理を自動化できるバッチ処理はコンピューターならではの、とても便利な機能です。
バッチ処理内容を登録するときに、実際にその処理操作を記録するのですが、オリジナルツールパレットを使用した処理は記録されません。
バッチ処理に登録する際は、オリジナルツールパレットではなく、純正のメニューまたはツールから記録しましょう!

 


トラックバックURL


  1. [...] Photshopでオリジナルのツールパレットを作成したい! (バージョンが違いますが使い方は同じです) [...]