DTPあるある「あれ?もらったデータに特色が…」無駄に使われまくってる特色を一括でCMYKに変換する方法

特色をCMYKに一括変換したい!

cmyk04

DTP作業でクライアントさんから「この素材使ってください〜」といった感じで、Illustratorのファイルや、eps形式のファイルをもらうことがたまにあります。

いただいた素材を使って制作を進めてると「あれ?この色、、、特色つかってる…」なんてことがあります。
そして殆どの場合が、CMYKでいいものに特色が使われているケースだったりします。。

しかも、1色2色ではなく、あちらこちらで…。
このまま印刷に出したら大変なことに…。。

こんなとき役立つのがIllustratorで全部一気にCMYKに置き換える機能です☆

意味のない特色で印刷会社にデータを渡したら大変なことになる?

印刷、出力での色の表現は、

C:シアン / M:マゼンタ/Y:イエロー/K:ブラック
これら4つの色を掛け合わせで再現されます。

しかし、これら4色の掛け合わせだけでは再現しきれない色があります。(金とか銀とか蛍光色とか)

これらを再現するためだけに調合されたインクを特色と言います。
オーダーメイドの特別な色といったところでしょうか。

そのため印刷代は割高になります。

だから、印刷用データに意味もなく特色が混ざってると大変なことになります。

そうならないためにも、意味のない特色はすべてCMYKに変換しなおします。

特色を一括でCMYKに変換する方法

方法はとても簡単☆

まず、配置されたすべてのものを選択します。
※このとき、ロックされたものがないか確認してください。
ロックされたオブジェクトは、色を変換することができません。

すべてを選択したらメニューの「編集」から「カラーを編集」→「CMYKに変換」をえらびます。
これで、すべての色がCMYKに変換されます。



第三者からもらったデータ、あるいはダウンロードした素材を使用するときは、念のためこれを一回やっておいた方がいいかもです。

 


トラックバックURL