受験には健康とスポーツが大事

一番大事なのは健康だ

試験に合格するためにはまず健康が大事。
からだが弱い、病気がある状態では十分に勉強することができません。
そのために学校の成績が上がらないばかりか、成績ががた落ちになる場合がよくあります。とくに、受験勉強を長い間続けていく場合、この健康という点がなによりも大切にしなければいけないです。

スポーツをして集中力を養え

効率のよい勉強で、実力をつけるためには、集中力が必要です。しかし、これを脅かすさまざまなものが、あなたの周りに溢れていると思います。そればかりが自分自身の中にもあります。たとえば、勉強を始めると、すぐにゲームをしたいな、めんどくさいな、スマホをやりたいなあという「小さな声」が心のなかにあふれることがあるでしょう。この「小さな声」こそ、何か問題を解く場合、とまどう原因の一つになっています。

集中力は、不健康であってはもてませんし、たとえもったとしても持続することはできません。
ですから、集中力がある人間になるには、なによりも健康であることが大切です。健康であるためには、スポーツをとおして「からだ」をつくることが、近道といえます。スポーツは、「からだ」をつくることと、スポーツに熱中することで集中力をつくることができるので、一石二鳥といえます。

中学時代と高校時代はおもいきり、若さをスポーツにうちこんでもらいたいです。受験勉強に耐えられる健康なからだつくるスポーツ、たとえばバレーボール、サッカー、野球、剣道、陸上などのような活動を実行し続けることを勧めます。部活でもいいですし、クラブチームに入ってやるのもありです。

スポーツと受験勉強は両立するのか?

スポーツをしているので、その分時間を使ったり、クタクタに疲れて家に帰ってそのまま寝てしまうなどスポーツをやっていない人たちと比べて不利になるのではという意見もあると思います。

ですが、スポーツをやることで得られるメリットを考えればやったほうが良いと私はアドバイスします。

受験生の多くは受験期が近づくにつれて、意味もないことで悩むことが多くなります。たとえば、友達が持っている参考書を見て、それを買わなければ自分は入試に落ちるのではないかと不安になり、自分は自分の能力に合わせて、すでにかってあるはずなのに、さらにもう1冊の参考書を買ってしまうなどです。

これは要するに精神力が弱っている証拠です。「受験勉強で最後にものをいうのは精神力」といわれるように、粘り強い精神力を持つことが入試で合格を手にするには不可欠のことです。では粘り強い精神力を養うにはどうしたらいいかといいますと、いろいろな方法はありますが、スポーツをやってみることです。

まずスポーツ活動のメリットは勉強は緊張の連続なので、心がつかれますが、この疲れを取り除くには短時間の運動が最も効果があります。

同時にこれは気分転換ともなって、さあ勉強しようという気持ちになります。つぎはやり方ですが、友だちは今ごろ勉強しているかなどと気を回さないで、思いっきりスポーツに打ち込むことが大切です。

ところで、スポーツはひとによって差はありますが、40分ぐらいの活動が妥当です。

あまり長く続けると疲れが残り、あとの勉強のためには逆効果になります。
もし疲れが残った場合、30分ぐらい寝てから勉強をするのがベターです。

結局、きめた時間だけ運動をやったら、てきぱきとしたくをして家に帰り、さっぱりした気分で勉強に集中するという態度が大切です。

高校受験では3ステップラーニングという教材があります。
この教材のレビューは3ステップラーニングのレビューこちらのサイトが参考になります。